エクセルVBAで一太郎ファイルを開く方法

エクセルVBA VBA



知る人ぞ知る(?)文書作成ソフト「一太郎」のファイルをエクセルのVBAで操作する方法について紹介します。

今回はVBAで一太郎のファイルを開く方法について説明します。



エクセルVBAで一太郎ファイルを開く方法

まず、前提として、VBA(エクセル)と一太郎とでは制作している会社が異なります。

VBAはマイクロソフトで、一太郎はジャストシステムというソフト会社が製作しています。

したがって、一太郎には一太郎独自のVBAのように記載するマクロが存在します。

一太郎ファイルをエクセルVBAで操作するには、「一太郎のアプリケーション(マクロ)を使う」という宣言を付加する必要があります。

具体的には、一太郎ファイルを操作するために、「Documents.」や「TaroLibrary.」を付加します。

※ 今回は 「TaroLibrary.」 を使用していません。

VBAで一太郎ファイルを開くサンプルコード

Sub 一太郎ファイルオープン()

    Dim ichitaro_file As Object
    
    Set ichitaro_file = CreateObject("JXW.Application")
    
    'デスクトップ上の一太郎ファイル「ichi_test.jtd」を開く
    ichitaro_file.Documents.Open ("C:\Users\diren\Desktop\ichi_test.jtd")
    
End Sub

コツとしては、一太郎ファイルを操作するときは、必ず 「Documents.」や「TaroLibrary.」 を付加することです。

「Documents.」や「TaroLibrary.」 の違い

「Documents.」と「TaroLibrary.」の違いは、一太郎マクロのオブジェクトの階層の違いです。

今回の「Open」メソッドは、「Documents」オブジェクトにあるメソッドなので「Documents.」が必要になったのです。

ちなみに、 「TaroLibrary.」を付加するメソッドには、シートを選択するためのメソッド「ChangeCurrentSheet」があります。

具体的には、

Sub 一太郎ファイルオープン→シート2を選択する()

    Dim ichitaro_file As Object
    
    Set ichitaro_file = CreateObject("JXW.Application")
    
    'デスクトップ上の一太郎ファイル「ichi_test.jtd」を開く
    ichitaro_file.Documents.Open ("C:\Users\diren\Desktop\ichi_test.jtd")
    
    'シート2を選択する
    ichitaro_file.TaroLibrary.ChangeCurrentSheet ("Sheet2")
    
End Sub

というようになります。

一太郎ファイルをエクセルVBAで操作したいときには。。。

まとめると、一太郎ファイルをエクセルVBAで操作したいときには、

「Documents.」や「TaroLibrary.」 を付加する

ということなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました